大腸がんの転移が発覚してもあわてない|最新医療でがん消滅作戦!

悪性細胞の移動

先生

生まれた場所から移動し離れた組織で増殖するがんを転移がんといいます。転移がんの症状は大きさや転移した組織によって異なります。転移がんが先に見つかった場合には原発がんの検索がおこなわれ、治療には原発がんに対して使われる特定の化学療法や放射線療法が実施されます。

ちょっとしたことから

女性

気付かれにくいです

転移しやすいがんとして大腸がんがあげられます。大腸のどこにできるかによっても変わりますが、比較的自覚症状が少ないです。腹痛などであれば大したことないと判断してしまい、そのまま放置してしまう人が多いです。そのため大腸がんは転移しやすいものになっています。ただし、大腸がんは早く見つけて治療できればほぼ完治させることは難しくありません。完治させることができれば、当然転移する可能性はほぼないといえます。大腸がんの転移は、体の様々な箇所で発症しますが多いものとして、肝臓や肺があります。重い病になってしまうことも否定できませんので、血便や下痢があれば早めに医師に相談することです。対応が遅れると、転移するリスクも高くなりますので気になれば検査などを受けてはっきりさせておくとよいです。

早期発見が大切です

健康診断などで、何かしらの異常があれば早めに病院に行くことがこれからも必要になります。将来的には早期発見しやすくなる可能性が高いですが、大腸がんの可能性を考慮する人は少ないといえます。治療方法も進歩していますが、転移が繰り返されれば治すまでに時間を必要とします。腸内に異常が起きれば、腹痛や下痢といった症状がでてきます。現段階で早期発見をするなら、ほんの少しの変化に気づかれなければいけません。軽い症状ならば、大腸がんを治すまでにかかる時間は短くて済みますし高額な費用は必要ありません。もちろん、一度や二度腹痛や下痢が起きた程度で大腸がんになっている可能性は低いです。ただし、大腸がんの場合繰り返し起きているケースが多いです。転移していれば、大腸以外にも何かしらの症状が起きています。同じような症状が続いているならば、治療を受ける必要があります。

ポリープががんの前兆にも

看護師

十二指腸がんは早期に発見された場合にのみ、内視鏡を使って切除することが可能です。開腹手術と違い体への負担も少なく、術後の回復も早いというメリットがあります。十二指腸がんは十二指腸に出来るポリープががん化することによって出来ることが多く、その原因としては食生活やストレスがあると考えられています。

最新の手術で負担軽減

女性

肺腺がんは、誰にでも発症する可能性があります。早期発見も自覚症状がない分困難なものです。なるべく健康診断を定期的に受けていくことで、偶然発見に繋がっていくでしょう。万が一発見しても、病院を選べば最新の手術を受けられます。