大腸がんの転移が発覚してもあわてない|最新医療でがん消滅作戦!

ポリープががんの前兆にも

看護師

早期発見で内視鏡治療も

消化器系のがんとしては胃がんや大腸がんなどが広く知られていますが、十二指腸がんも消化器系の中では珍しくはあるものの注意しなければいけないがんとなっています。十二指腸がんが発見された時には外科療法・化学療法・放射線療法などが行われるのが一般的です。しかし、最近ではより体に負担をかけないようにと内視鏡を使ってがんを切除する方法も行われています。開腹手術よりも体への負担が少ないため、術後の回復も早いうという特徴があります。内視鏡を使っての切除は全てのケースにおいて行われるわけではなく、超音波内視鏡検査によってがんが粘膜内におさまっていると判断された場合打鍵になります。その為、十二指腸がんを内視鏡を使って治療をする場合には出来るだけ早期に発見することが大事になります。

食生活やストレスが原因に

十二指腸がんは十二指腸に出来てしまったポリープが悪性になってしまう事が大きな原因と考えられています。その為、十二指腸がんを予防するにはポリープが出来ないように対策する必要があります。ポリープが出来てしまう原因としては食生活とストレスにあるとされています。刺激に多い食事はポリープが出来る原因の一つと考えられています。香辛料を多く使った料理や、熱すぎたり冷たすぎる料理はポリープを作る原因となります。また、喫煙やアルコールも影響があるとされています。精神的ストレスは胃潰瘍や胃がんの原因となるとされていますが、十二指腸に出来るポリープも精神的ストレスの影響を強く受けると考えられています。ポリープの出来やすさには個人差も大きいので、定期的に検査を行なうのが一番の対策です。