大腸がんの転移が発覚してもあわてない|最新医療でがん消滅作戦!

最新の手術で負担軽減

女性

がんは、日本人の死因で上位に上がるほどの完治が難しい病気です。その中でも、肺腺がんは日本人が一番発症率が高いものとされています。肺腺がんは、肺に存在する細胞ががん細胞に犯されてしまう症状です。何らかの自覚症状が確認されないもので、発症したとしても全く気がつくことが難しいでしょう。健康診断を医療機関で受けて偶然発見されたというケースが比較的多いです。それほど自覚するのが困難な症状とされているため、定期的に健康診断を受けていってがん細胞がないかどうかを確認するのが最適でしょう。また、肺腺がんは通常の肺がんと同じと考えている人も中に入るでしょう。そのため、喫煙習慣が多い人ほどかかりやすいと思われがちになります。通常の肺がんである場合の話ですが、肺腺がんだと喫煙習慣との因果関連が確認されません。そのため、喫煙習慣があってもなくても誰にでも発症しうる病気なのです。

もし、肺腺がんにかかっていることが発覚したとしても、医療機関での手術によって除去することが可能です。手術は、がん細胞に犯された部分を切除するため肺の機能が著しく低下してしまうというイメージを抱いている人も中にはいます。医療は常に進化するものです。近年では、肺腺がんなどの切除手術をしても、肺機能を低下させない手術法も確立されてきています。そのため、手術後でも息苦しさを感じることが少なくなるでしょう。また、特殊な内視鏡を利用した手術も確立されています。切開範囲をなるべく最小限にして特殊な内視鏡を通して必要な部位のみを選んで切除するといった手術方法です。そのため、患者にかける負担も最小限となり、術後の傷跡も少なくて済むのです。